2016年04月

2016年04月16日

4月の14日、そして16日の深夜に熊本で非常に強い地震が発生しました。

私は熊本在住で、この地震をモロに受けました。

14日は、テレビを見ていたら突然揺れ始め
その大きさが、これまで体験したことがない強さの揺れでした。

ですが、揺れが終わった後も停電はせず
ネットも普通に使える状態でしたので、そこまで危惧していませんでした。
圏外に住む兄弟からの電話も「ダイジョブ、ダイジョブ」と言っていました。

が、16日の深夜に、また非常に強い地震に襲われました。
この時は立っているのも困難な状況で
14日は大丈夫だった電気も、この時は停電してしまいました。

その日の夕方には、電気も復旧したのですが
とにかく、今回の地震は生きてて初めての経験でした。
これまで、九州では大きな地震に襲われたことはなく
大地震については、テレビで見て遠い出来事のように思っていました。

とっさの時は、「これは大丈夫か?」「建物は持つのか?」など
そういう単発的な考えしか思いつきませんでした。
突然の地震は、やっぱりこんな感じなんだろうと改めて思い知らされた感じでした。
いまだ余震も続いており、余談は許さない状況ですが
地震について、改めて考えさせられた出来事でした。